検索結果

タグ検索

松井秀喜応援ブログで“ウィーバー”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

ゴジラ、ウィーバーから2安打もチームは完封負け

古巣エンゼルスとの3連戦初戦は、エンゼルスウィーバーが圧巻のピッチングで完封し開幕から負けなしの6勝目。アスレチックスは先発ゴンザレスが序盤から崩れたのが痛く、またも借金生活に突入です。

4月25日(日本時間26日) アスレチックス 0-5 エンゼルス

松井秀喜 今日の結果 4打数2安打

タグ

ゴジラ今季初の三塁打 エンゼルス快勝

インディアンスとの3連戦第2戦、エンゼルスは初回にリベラのタイムリー、コンガーのメジャー初ヒットなる2点タイムリーなどで4点を挙げると、2回にもハンターのタイムリー、ゴジラのタイムリートリプルなどで3点を挙げ、序盤に7点をリード。

久々に打線の援護をもらったウィーバーは、7回を1安打無失点と余裕のピッチングで12勝目。エンゼルスは快勝しました。

今季初の三塁打を放った松井秀喜選手は、3打数1安打1打点1四球でした。

タグ

エンゼルス サヨナラで1ヶ月ぶりの連勝

マリナーズとの3連戦第1戦、先発ウィーバーが8回1失点と好投するも、3-1で迎えた9回、抑えのロドニーが2点を許し、まさかの延長戦に。

膠着状態の中、延長14回、一死からアブレイユがサヨナラ弾を放ち、エンゼルスはサヨナラ勝ち。約1ヶ月ぶりの連勝となりました。

前の試合、代打の代打を送られた松井秀喜選手、今日は4番DHで出場。4打数1安打2四球でした。

タグ

ゴジラ2度の好機で凡退 エンジェルス今日も打てず敗戦

アスレチックスとの3連戦第2戦、先発ウィーバーは7回3失点とまずまずのピッチングを見せたものの敗戦。エンジェルスは今日も打線が5安打と振るわず、ハンターのソロで1点を奪うのがやっとでした。

前日スタメンを外れた松井秀喜選手は2度のチャンスに凡退。3打数ノーヒット1四球に終わりました。

タグ

エンゼルス2戦連続の完封負け ゴジラは代打で三振

オリオールズとの3連戦第3戦、先発ウィーバーは8回1失点と好投したものの打線が4安打と沈黙。2試合連続の完封負けを喫し、8月初旬に続いて、またしてもオリオールズにスウィープを喫しました。

タグ

エンゼルス完封負け ゴジラ2安打もチャンスで三振

ツインズとの3連戦第3戦は、5回に先発ウィーバーがバレンシアに先制弾、その後満塁としてカダイアに走者一掃のツーベースを浴び4失点。

打線もチャンスを作るも得点できず完封負け。エンゼルスは再び借金1になりました。

松井秀喜選手は4打数2安打でした。

タグ

アブレイユがサヨナラ弾 エンゼルス3連勝

ロイヤルズとの3連戦第3戦は、エンゼルスウィーバーとロイヤルズグレインキーの投げ合いに。

3回エンゼルスがアイバーの犠牲フライで先制すると、ロイヤルズは6回ベタンコートのHRで同点に追いつく。決着は延長10回アブレイユのサヨナラホームラン。エンゼルスはロイヤルズをスイープして3連勝としました。

松井秀喜選手は5番DHでスタメン、4打数1安打でした。

タグ

エンゼルス連敗ストップ ゴジラはノーヒット

タイガースとの3連戦第1戦、エンゼルスは1回にハンターの2ラン、2回にはケンドリックのタイムリーダブル、ボーホスのショートゴロの間の得点で計4得点をあげると、先発ウィーバーが7回を自責点1の好投。

4-2で勝利したエンゼルスは連敗を3でストップしました。

松井秀喜選手は、いいところなく4打数ノーヒットでした。

タグ

エンゼルス元気なく3連敗 ゴジラもノーヒット

レッドソックスとの3連戦第2戦は、元エンゼルス・ラッキーと、ウィーバーの投げ合いに。

エンゼルスは3回にアブレイユのタイムリー二塁打で先制。しかし、7回ここまで好投のウィーバーが痛恨の2点タイムリー二塁打を浴びて逆転、以降リリーフ陣も小刻みに得点され、エンゼルスは3連敗。首位とのゲーム差は8.5に広がりました。

松井秀喜選手は、1四球選ぶも3打数ノーヒットでした。

タグ

エンゼルス直接対決第1戦を落とす

レンジャーズとの首位攻防直接対決4連戦第1戦は、ウィーバーとリーのエース対決。1点を巡る接戦になるも、エンゼルス打線はリーを最後まで打ち崩せず惜敗、大事な初戦を落としました。

松井秀喜選手は二塁打を放ち、3打数1安打でした。

タグ

ゴジラ二塁打1本 エンゼルス接戦制す

マリナーズVSエンゼルス4連戦第2戦、エンゼルスは2回にフランドセンのタイムリー、3回にアブレイユのタイムリーとハンターの併殺打の間の得点で合計3点を挙げると、先発ウィーバーが7回2失点、以下ロドニー、フエンテスのリレーで接戦を物にしました。

松井秀喜選手は4打数1安打、1安打は二塁打でした。

タグ

ウィーバー一発に泣く ゴジラはノーヒット

ホワイトソックス4連戦第2戦は、1-1の同点で迎えた6回、先発ウィーバーがリオスに勝ち越し弾を浴び、続く7回にもジョーンズに一発を浴びるなどして降板。打線も振るわず、エンゼルスは痛い連敗を喫しました。

5番DHで出場した松井秀喜選手は、前日に続いてノーヒットに終わりました。

タグ

ゴジラブレーキも、エンゼルス逃げ切る

レンジャーズVSエンジェルス、首位攻防直接対決3連戦第3戦は、初回にケンドリックのタイムリー、6回にナポリのタイムリーで2点を挙げると、先発ウィーバーが7回無失点の好投。

ロドニーがピンチを招いて1点を許すも、最後はフエンテスがぴしゃりと抑えて辛くも逃げ切り、3連戦を2勝1敗と勝ち越しました。

6番に降格した松井秀喜選手は、3度のチャンスにいずれも凡退。昨日に続いてノーヒットに終わりました。

タグ

松井秀喜3三振 エンゼルス大敗で連勝ストップ

アスレチックス4連戦第2戦は、先発ウィーバーと二番手ベルが打ち込まれて大敗。連勝は6でストップし、首位の座も1日で陥落しました。

松井秀喜選手は3三振を含む4打数ノーヒットでした。

タグ

松井秀喜猛打賞&全打席出塁 エンゼルス5割復帰

ロイヤルズとの4連戦第4戦は、先発ウィーバーが7回無失点の好投。終盤にリリーフ陣が相次いで乱れるも、何とか1点差で逃げ切り、エンゼルスは5割復帰を果たしました。

松井秀喜選手は、サヨナラ打を放った4/10以来の3安打を放ち3戦連続マルチヒット、さらに全打席出塁と活躍。打率も一気に2割5分台まで戻しています。

タグ

ゴジラ不調でスタメン落ち

レイズとの3連戦第3戦、松井秀喜選手はスタメンから外れベンチからのスタート。

1点ビハインドの8回二死一塁の場面に代打で登場しましたが、あえなくファーストゴロに倒れ球場はファンのため息に包まれました。

エンゼルスもエースのウィーバーで勝つことが出来ず、レイズ戦は負け越しとなりました。

タグ

ゴジラ4試合ノーヒット エンゼルスは連敗脱出

今シーズン初めてのエンジェルスVSマリナーズ同地区対決は、エンジェルスがモラレスの3点打で先制。ウィーバーの好投もあって快勝し、連敗を7でストップしました。

不調が続く松井秀喜選手は今日もノーヒット。打率は.230まで下降しています。

タグ